Kanaria


1987 
大阪生まれ
2011 多摩美術大学 美術学部 絵画科 油画専攻卒業
2017 パリ国立高等美術学校 修士課程修了
2018 パリ国立高等美術学校 ポストディプロム

架菜梨案は、キャンバスに、ベースとなる乳白色の油絵の具を厚くのせ、乾く前に色鉛筆でひっかくように描く技法を用いて、様々な物語や神話、花や植物、動物や人間たちが、時間や空間を越えて、繋がる世界を創作しています。そこには生きることの官能性が、風刺やユーモアを含んで広がっています。

1987 Born in Osaka, Japan
2011 Graduated from Tama Art University (Tokyo) Bachelor of Fine Art, section of oil painting
2017 MA, Ecole nationale supérieure des Beaux-Arts de Paris
2018 Post-diploma, Ecole nationale supérieure des Beaux-Arts de Paris

Kanaria uses a technique of thickly applying milky white oil paint on the canvas as a base, and scratching it with a colored pencil before it dries. Her works span a range of stories and myths, flowers and plants, animals and humans, which create a connected world that transcends time and space.
She intends to spread out the sensuality of living with satire and humor.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です