Yok

 

1998 フィリピン生まれ

2011 聖トマス大学 建築学部 卒業

Yokの作品は、簡潔な線と形を用いて、鑑賞者にありふれた日常の光景の美しさを見せています。彼が主張しているのは、人生は必ずしも豪華かつ贅沢である必要はないということで、むしろ簡潔さの中に美しさは存在するということです。 Yokが描く伝統とは異なる独特の絵画において、鑑賞者は複雑な美術批評からは離れ、作品そのものに向かい合うことができます。Yokは、建築やファッションなど、様々な媒体と自身の美学を結びつけることに取り組んでいます。

 

1998 Born in the Philippines

2011 Graduated from Department of Architecture, St. Thomas University of Osaka

Yok’s works use simple lines and shapes to portray the beauty of ordinary, everyday things. He argues that life does not necessarily have to be luxurious and extravagant; instead, beauty exists in simplicity. Yok’s unique, non-traditional paintings allow viewers to step away from the complexities of art criticism and face the work itself. He works to connect his aesthetic to a variety of mediums, including architecture and fashion.